2014年05月08日

パル爺、抜歯する…イタイ(>_<。)

今日はパルの手術なので、朝ご飯は抜き犬(泣)
可哀相だけど、2階へ隔離しました。
そして、8時半に病院へ病院
会社へは遅刻する旨を伝えていました。
わんこの事で遅刻したり早退するって言い辛いですよね。
責任者(社長の弟さん)は「犬も家族だからな」
って、言ってくれる人だけど、やはり気が引けます。

担当の獣医さん(美人)に色々説明を受け、同意書にサイン
「元気ですね」と、言われたら、グッと来てしまいました。
ずっと、思ってたんです。
こんなに普通に元気にしてるのに、私のエゴで全麻までして
目覚めなかったら?と…
なので、元気と言う言葉を聞いたら、涙がこぼれてしまいました。
ヘタレなかーちゃんですたらーっ(汗)
パルちん、痛い思いをさせてごめん。
でも、ばい菌だらけのお口は危険だし
放っておいたら、骨が溶けちゃうんだって。
色んな言葉を投げかけたけど、解らないよね?
目が見えるようには出来ない。
耳も良く聞こえるようにはならない(なる人も居たけど)
でも、歯はキレイに出来るもんね。
パルちんは望んでないけど…



2時半頃、携帯がなり、手術中の獣医さんから電話がありました。
(手術は歯の事に詳しい先生と2人でしてくれました)
パルの犬歯をどうするか?と、聞かれました。
パルのシャクレた犬歯(特に右側)は外に出てるせいで
よくぶつかるんです。
そうすると「ヒャン!」って、痛がるので抜いては欲しいんですが…
しかし、犬歯と言うのは抜くのが大変らしいんです。
根っこが深いし、無理に抜くとアゴの骨が骨折する場合もあって…
万が一、骨折するとアゴを固定されるんだって!
残してまたすぐ汚くなっても、この先、取るのは更に難しくなるので
犬歯も抜いて貰う事にしました。


そして、6時にまた電話があり、手術も終り覚醒したとε-(´∀`*)ホッ
早速、面会に行き、散歩の許可が出ました。
パルはトイレが外派なので、状態が良ければ連れ出したかったんです。







DSCF5184.JPG

パルちん、お疲れ様。
中々、まっすぐ歩けませんでした。







DSCF5187.JPG

年が年なので、1泊入院となりました。







DSCF5188.JPG

いつも、アイ〜ンとはみ出てた下前歯が見えなひあせあせ(飛び散る汗)
リアルにお爺ちゃん顔です( ´△`)アァ-
大きな声で「パル!」って、呼んでも反応がありません。
ヲサーン曰く
「もう誰も信じない!って、顔してる」
確かに…
パルちん、ごめんよ〜〜
明日、先生から説明があるので、何本抜いたのかはまだ解りませんが
親知らず1本抜いても痛いんだから、相当痛いと思います。
硬い物を食べると血だらけになるので
2週間は柔らかい物をあげて下さい、と、言われました。

とりあえず、麻酔から醒めてくれて良かったです。
ご心配掛けてすみません。




ニックネーム パルママ at 21:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする